新型コロナウイルス感染症に感染したら、保険金請求はできるのか?

新型コロナウイルスに感染した場合、保険金は請求できる?

現在でも感染者が増え続けている新型コロナウイルス感染症は、様々な社会経済活動へ大きな影響を与えています。終息の見えない中、治療薬もワクチンもない新型コロナウイルス感染症に恐怖と不安を持たれている方も少なくないと思います。
そんな状況下の中で「もし感染して入院や死亡するようなことがあった時、自分の加入している保険は大丈夫だろうか?」というご相談が増えております。
そこで今回はどのような保険が保険金請求の対象となるのかをご紹介いたします。

1)医療保険(入院保障)

病気で入院した場合と同じように治療を目的とした入院となり、給付金支払いの対象となります。
給付金支払のポイントは「医師の指示で医療機関への入院」した場合になります。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の場合、指定ホテルや自宅での療養のケースも多くみられます。こうした場合でも医師の指示があれば、給付金の支払い対象とする保険会社も増えてきております。

2)死亡保険

万が一、新型コロナウイルス感染症で亡くなってしまった場合、死亡保険金支払の対象となります。
こうした感染症は、不測かつ偶発的な事故のようなものなので、特約の災害死亡保険金も上乗せして支払う保険会社もあります。

3)就業不能保険(働けなくなった場合)

医療保険同様に「医師の指示で就業を制限された場合」に給付金支払いの対象となります。
ただし、ご契約内容に60日以上等の免責日数が設定されている場合がございますのでご注意ください。

新型コロナウイルス感染症は世界中で感染しており、日本でもまだまだ出口の見えないことに不安が募るばかりではないかと思います。
今回のご紹介を機に一度、ご自身のご加入している保険のご確認をおすすめします。

ご自宅で気軽にご相談ができる「オンライン保険相談」

ご自身の保険証券をきちんと理解したいなら、プロに相談するのが一番です。保険相談ショップなら、無料でプロと一緒に保険証券の内容を確認できます。
外出を控えている方には、ご自宅で気軽にご相談ができる「オンライン保険相談」がおすすめです。
PC・タブレット・スマホでご相談が可能で、アプリのダウンロードは不要です。お気軽にご利用ください。

↓ オンライン保険相談の情報やご予約はこちら ↓

鍬 幸次営業本部長
関東(東京・神奈川・千葉)で展開している無料保険相談ショップ「保険deあんしん館」の営業本部長。保険営業に携わって20年以上。2020年度MDRT成績資格会員/Court Of the Table。

保険のご相談、
見直しは
ぜひ保険deあんしん館へ

事前のご予約は
お電話またはインターネットで受付中!

お客さまにあんしんして相談いただくために、保険deあんしん館では【しつこい勧誘】や【無理な営業】を禁止しています。